大学生に飲食バイトはおすすめ?飲食バイトのメリット・デメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
飲食バイト

大学生に人気のバイトといえば、飲食店でのバイトがありますよね。

かくいう私も、昔から大学生になったら飲食店でバイトしたい!と憧れていたので、初めてのバイトはイタリアンレストランのホールを選びました。

しかし実際に働いてみると、飲食バイトって想像以上にキツイ…

気づけばたった7ヶ月働いただけで、憧れだった飲食のバイトを辞めてしまいました。

正直いうと個人的にはもう二度と飲食ではバイトしたくないですね笑

でももちろん楽しいことも少しはありましたよ!笑

そこでこの記事では、飲食バイトのメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

飲食バイトを探すなら、飲食バイト専門の求人サイト【ペコリッチ】がおすすめ!

スポンサーリンク

大学生が飲食店でバイトするメリット

飲食バイト

賄いが出るお店を選べば食費を節約できる

飲食店でのバイトといえば、美味しい賄いを想像する人も多いのではないでしょうか?

ご想像通り、賄いを提供してくれるお店を選べばバイト帰りにとっても美味しい賄いを食べることができます。

実際、飲食店でバイトしていた時の一番良い思い出は美味しい賄いを食べれたことですね。

私が働いていたお店では、通常1200~1500円くらいで提供しているパスタを無料で賄いとして出してくれました。

ウニのクリームパスタや、カラスミをトッピングしたパスタなど普段は食べないようなパスタを食べれるのがバイトの中での唯一の楽しみでした。

とっても美味しい上に、家に帰って料理を作る手間と食費を浮かせられたのはめっちゃ嬉しかったです。

しかしお店によっては賄いを提供していないお店や、提供してもお金を取るお店もあるので無料で賄いを食べたくて飲食バイトを探している人は注意してください。

料理やお酒に関する知識が身につく

飲食店でバイトをすると、その飲食店で提供している料理やお酒に関する知識を身につけることができます。

私がバイトを始めた当初はそこまでイタリア料理に詳しくはありませんでしたし、まだ未成年だったのでお酒の知識も全くありませんでした。

でもメニューには見慣れない料理やお酒の名前が並んでいて…

バイトを始めた当初はカプレーゼやハモンセラーノといったイタリアンの定番料理の名前すらわかりませんでした笑

※カプレーゼはトマトとモッツァレラチーズにバジルソースをかけたもの、ハモンセラーノは生ハムのことです。

メニューを覚えるのは大変でしたが、自分がイタリアンレストランに行った時に料理名からどんな料理なのかがイメージできるようになったのはよかったです。

飲食バイトは時給は普通だけど結構な収入になる

飲食店でのバイトって、時給はそこまで高くないですが意外と収入になるんですよね。

なぜかっていうと、飲食業界は慢性的な人手不足問題を抱えているので基本的に希望を出せば出した分だけシフトに入らせてもらうことがでるからなんです。

また、お店が営業している時間も長いため長時間シフトに入ることだって可能です。

私は今までに7つのバイトを経験してきましたが、飲食バイトをしていた時が一番稼げていましたね。

同世代の友達ができる

飲食店でバイトをしている人って、大学生かフリーターか主婦が多いです。

私がバイトをしていたお店は大学生が多数在籍していたので、バイトを通して違う大学の友達ができて楽しかったですね〜。

バイト仲間の男の子からLINEを聞かれて一人で舞い上がったことは遠い昔の思い出です…

バイトを辞めたら誰とも連絡を取らなくなってしまったのはちょっと寂しいですけどね笑

スポンサーリンク

飲食バイトのデメリット

caution

人手不足が深刻なためシフトの強制が多い

先ほども述べましたが、飲食業界は慢性的な人手不足に陥っています。

そのため、無理なシフトを組まれたり無理やりシフトに入れさせられたりといったことも多いです。

テスト期間だろうとお盆やお正月だろうと、容赦なくシフトを強制される友人を何人も見てきました。

私が働いていたお店は幸いにも、無理やりシフトに入らされることはありませんでしたが圧力はかなり感じましたね。

たとえバイトの募集ページに「週2以上から歓迎!」とか、「1日3時間からOK」などと書いてあっても油断してはいけませんよ。

最初聞いていた話とは違う!なんてよくある話です。

ですので、きちんと面接の時に勤務条件を確認しておきましょう。

はっきりとシフトの強制がある旨を伝えてくる飲食店は少ないですが、「忘年会や歓送迎会のシーズンは頑張って欲しいな〜」などと言われたら要注意です。

初対面の人にそこまで込み入った話を聞くのは緊張するかもしれないですが、大事なことなので恐れずに確認しましょう。

もし働き出してから面接時の話と違う時には、それを理由にして辞めることができるのでおすすめです。

飲食店の店長は気難しい人が多い

なぜだか理由はわかりませんが、飲食店の店長って気難しい人が多いんです。

「店長と折り合いが悪かったからバイトを辞めた」なんていうのは本当によく聞く話。

飲食業界は激務な上に人手不足、その上あまり給与もよくないので店長さんには相当なストレスが溜まっているのでしょうかね?

私の働いていたお店の店長さんもとにかく気難しい人でした。

私の仕事覚えが悪かったのもありますが、いつも怒鳴られてばかりで…。

お客さんの前で怒鳴られることもしばしば。

店長以外の社員さんは優しい方ばかりだったのですが、店長が気難しいのでいつも店内はピリピリしていました。

店長がいない時はみんなで店長の悪口を言いまくっていましたね…。

私がバイトを辞めた一番の理由はどうしても店長との相性が合わなかったからです。

バイトが辞めるならまだしも、店長との折り合いの悪さを理由に社員さんまで辞めてしまうような職場だったので今思えば店長の性格の悪さは相当でしたね。

我ながらよく7ヶ月も我慢しました…。

今考えれば面接の時から店長はなんだか怖そうで第一印象があまり良くなかったので、自分の直感を信じて辞退しておけばよかったと後悔しています。

飲食バイトのミスマッチを防ぐには?

さて、では私のようにバイト選びで失敗しないためにはどうしたらいいのでしょう?

答えは簡単です。バイト先を決める前に絶対にそのお店にお客さんとして来店してみましょう。

そうすることで、普段のバイトの振る舞いやお店の様子を観察することができます。

そこで直感で「ここはなんだかヤバそうだな」と感じたら即候補から外すべきです。

こんな風に働きたいお店の下見をする時におすすすめなのが、飲食バイト専門求人サイトの【ペコリッチ】

このサイトには、タダ飯クーポンといって働きたいお店のご飯を無料で食べられるサービスがあるんです。

これならお金を気にせずに希望の職場を見学することができますよ!

私もこのサイトで下見しておけば怖い店長と巡り会わなくて済んだかも…( ;  ; )

スポンサーリンク

おわりに

飲食バイトは賄いが出たり同世代の友達を作りやすかったりといったメリットを持つ一方

、激務でシフトの強制が多かったり店長に気難しい人が多かったりといったデメリットもあります。

自分の得意なことや性格を見極めて、バイトで過度なストレスを溜めなくて済むような職場を選ぶようにしましょう!



こちらも合わせてどうぞ♪

4つの目的別!大学生におすすめのアルバイト
大学生にとって、どんなバイトをするかってキャンパスライフを充実させる上で重要な要素ですよね。そこでこの記事では、バイトをする目的別に大学生におすすめのバイトを紹介していきます。
【大学生の体験談】免許合宿を楽しもう!教習所の選び方のコツ4選
免許合宿って、いざ予約しようとすると教習所が多すぎて何を基準にして選べばいいのかわからなくなってしまいがち。経験者として考えたポイントを4つまとめました。
彼氏いない歴年齢だった私が、付き合って4ヶ月で同棲しちゃった話
いとひなの恋愛日記第6弾。19歳まで彼氏いない歴=年齢だった私。そんな私が出会って12日で今の彼氏と付き合ちゃっただけで十分びっくりですが、今度はたった4ヶ月で同棲し始めちゃいます笑
スポンサーリンク