現役女子大生が語る!女子大のメリットとデメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
現役女子大生が語る!女子大のメリットとデメリット

こんにちは!いとひな(@itohina2018)です◡̈♥︎

今日は、「女子大の実態」について解説していきたいと思います♫

世の中には「あの大学いいな〜だけど女子大なのがちょっとな…」って思っている人、結構いるんじゃないですか?

何を隠そう私もその一人でした。

私が高校まで通ってきた学校はぜーんぶ共学。

だから「大学も絶対に共学に行くんだ!」と思っていました。

だって、女の子しかいない世界って絶対にネチネチしてると思ってたし、

おっとり可愛らしい女の子しかいないと思ってたし、

女子大に行ったら彼氏できないと思ってたし、

それになにより、絶対に私には合わない場所だって思ってたんです。

しかし私が志望校を選ぶ際に考えていた条件で絞ると、なんと女子大しか残らず…( ;  ; )

「やりたい勉強ができるし東京に行けるならそれでいいか…」

そう諦めて女子大に入ることにしました。

ですが!!!

入ってみると女子大ってめっちゃ楽しい!!!

入学前の心配なんて杞憂に終わりました。

前置きが長くなりましたが、ここからは女子大に通うメリット・デメリットを紹介していきます♫

スポンサーリンク

女子大に通うメリット

人間関係が良好

先ほども書きましたが、私が女子大に入る前に持っていた女子大のイメージは

「女ばかりの社会って絶対ネチネチしてて怖そう」

「ザ・女の子って感じの子たちしかいないんだろうな」

というものでした。

ですが、いざ入学してみるとこれは大間違い!!!!

入学早々仲良くなった友達はみんな、元気で、明るくて、自分の思ったことをはっきり言うサバサバ系女子だらけ!!

あまりにもはっきりし過ぎてて、逆に怖いくらい笑

周りに男子がいないせいか、みんな思ったことはすぐに口に出すんです。

陰口なんていう文化は女子大には存在しないですね。

女の怖さを感じずに生活出来る

共学だったらあるはずの「男子」の視点。

これがないと一体どうなるのかというと、「男子の存在を気にして態度を変える女子」という生物がいなくなります。

どんな組織にもこういう人、一人はいるんじゃないですか?

女子大にいるとそんなことする女子一人もいないので、女の怖さを感じずに生きていくことができます。

みんな「等身大の自分」をさらけ出して生きているので、本当に平和で生きやすいです。

すっぴんで大学に行ける

女子大の女の子は共学の女の子に比べてすっぴん率が異常に高い気がします。

やはり男性の目がないことが大きな理由でしょうか。

いつもすっぴんで大学に行くわけではありませんが、寝坊してしまった時や化粧をする気分じゃない時にはありがたいですね。

男子をめぐる争いが起きない

共学だと「友達と好きな男子が被った」とか、「友達の彼氏と浮気してる」なんてことが結構あるあるらしいですね(他大に行った高校時代の友人から聞きました)。

女子大だとそもそも男子がいないので、恋愛関係のトラブルで友人関係までこじれるなんてことはあり得ません。

友達の話を聞いているとこれは結構厄介な問題みたいなので、女子大でよかったな〜と心底思っています。

彼氏に安心してもらえる

これは大したメリットじゃないのかもしれませんが、彼女が女子大だと彼氏って結構安心するみたいです。

嫉妬深い彼氏がいる人には朗報?笑

世の中のあらゆるダークな面を遮断した温室のような空間

大学生って、実は身の回りにいろんな危険が潜んでいるんです。

例えば宗教勧誘だったり、怪しいビジネスのお誘いだったり。

世の中には人を騙すことに何の抵抗もない人だって存在しますよね?

女子大にいると、世間のあらゆるダークな面を見ずに生きていくことができます。

タバコや飲酒、ギャンブルなんかとも無縁の世界です。

女子大にいると、世の中のクリーンな面ばかりを見て生活することができます。

それがいいのか悪いのかはまた微妙なところですがね…。

勉強に集中しやすい

女子大は学業に専念しやすい環境が整っています。

なぜなら上で述べたように女子大にいると人間関係で揉めることが少なく、授業にきちんと集中することができます。

また、女子大に通っている女の子は総じて真面目な子が多いです。

女子大の授業は出席を重視していることが多いのもありますが、女子大生の授業の出席率の高さは異常です

女子大は小規模な大学が多いため、欠席すると一発でバレます。みんな休まないから余計に目立ちます。

女子大の教室は1限でもパンパンですよ。

みんなが勉強する雰囲気の中で勉強したい人にはとてもおすすめです

男子に変な目で見られて嫌な思いをする事がない

これは一つ上の「勉強に集中しやすい」にちょっと似ていますね。

どういう事か率直に言うと、ゼミや研究室の男子から言い寄られたりストーカーされる事は女次第では絶対にあり得ないので、余計な事を心配しなくて済みます。

というのも、私の高校時代の友達に超美人な子がいるんですが、とある理系の研究室(つまり男性だらけ)に所属したら博士課程の方からひどいストーカーに遭っているみたいなんですよね…。

「そんなの訴えればいいじゃん!」

って思う方も多いと思いますが、訴えたところでその先輩を研究室から追い出す事は厳しいらしいんです。

つまり、ストーカー野郎から逃れるためには女の子の方が研究室を辞めなければならないそうで…。

せっかく勉強をしに大学に入っているのに、勉強以外の面倒なことに巻き込まれるなんて最悪ですよね…。

こういう話を共学の友達から聞くと、「女子大に入ってよかった!」って心から思います。

スポンサーリンク

女子大に通うデメリット

考え方が偏りがちになる

女子しかいないということは、女子目線の話でみんなで共感しあって盛り上がるのにはちょうどいいのですが、男性目線の意見が一切聞けないということでもあります。

友達と恋バナをしていて男子側の意見を聞きたくても聞く相手がいなかったり、

バリバリ就活する上昇志向の高い子たちが少なかったり、

いろんなことに偏りが生じます。

(行動しないと)出会いがない

本当にこれ、悩ましい問題です。

共学の大学生だったら何もしなくても出会いの宝庫なのに、女子大に通っていると出会いは皆無です。

自分から、何かしらのアクションを起こさないと恋愛をすることができません。

フットワークの軽い子だったら女子大でも彼氏を絶やさず恋愛を楽しんでいる子はたくさんいます。

しかし、世の中そんな子ばかりではないですよね。

4年間一度も恋愛せずに卒業してしまう、なんて人もちらほら見かけます。

女子大生って出会いがない!?女子大の恋愛事情〜彼氏との出会い方6選〜
「女子大に行きたいけど、ぜんぜん出会いがなさそうなのが不安…。」こんな風に思っている人って意外と多いのでは?そこでこの記事では、現役女子大生の筆者が女子大生の出会いの実態を暴露しちゃいます!!!
女子大でも恋愛しよう大作戦①サークルで恋愛する鍵はサークル選びにあり!
女子大でも恋愛しよう大作戦!女子大に入ったら彼氏ができないんじゃないかって思っていませんか?ちょっと気をつければそんなの大嘘!!今回はサークル内恋愛をしたい女子が気をつけるべきポイントをレクチャーしちゃいます♡

男性に対する免疫がなくなる

常に女の子しかいない環境にいると、ふとした瞬間に男性の方が多い環境に行った時にものすごく違和感を感じます。

私はまだサークルで男子と関わっているのでマシな方ですが、それでも変な感じはします。

学内にとどまっているような子だと、ちょっと男性とおしゃべりしただけで顔を真っ赤にしちゃうかわいい女の子もいます。

学生のうちはそこまで問題ではないでしょうが、社会に出たら当たり前ですが半分は男性ですからあんまりいいことではないですよね。

スポンサーリンク

おわりに

男性の目があるって、それだけでいろんな作用をもたらします。

男性がいることで発生するトラブルが絶対に起きないのは女子大のいいところです。

ネチネチした女の争いがない世界は本当に生きやすいですよ。

しかし、男性がいないからこそ偏った考え方にしか接することができなかったり、世界が狭くなってしまうことは女子大の悪いところです。

自分が身を置く環境が自分に及ぼす影響って、思いのほか大きいので、受験生はよーく考えて志望校を決めてくださいね!

こちらもどうぞ♪

女子大生って出会いがない!?女子大の恋愛事情〜彼氏との出会い方6選〜
「女子大に行きたいけど、ぜんぜん出会いがなさそうなのが不安…。」こんな風に思っている人って意外と多いのでは?そこでこの記事では、現役女子大生の筆者が女子大生の出会いの実態を暴露しちゃいます!!!
女子大でも恋愛しよう大作戦①サークルで恋愛する鍵はサークル選びにあり!
女子大でも恋愛しよう大作戦!女子大に入ったら彼氏ができないんじゃないかって思っていませんか?ちょっと気をつければそんなの大嘘!!今回はサークル内恋愛をしたい女子が気をつけるべきポイントをレクチャーしちゃいます♡
大学受験生はいつから部屋探しをすればいい?上京経験者が徹底解説!
国公立志望の大学受験生は、上京後のお部屋選びをいつからすればいいのか悩みがちですよね。そこでこの記事では、合格発表後の3月に部屋探しをした筆者の体験をベースに、3月に部屋探しをするメリット・デメリットや注意点をご紹介します!
スポンサーリンク