大学生は家庭教師のバイトで稼げる?個人契約の体験談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
家庭教師バイト

大学生ができる高時給なアルバイトの一つに、家庭教師があります。

おそらく、家庭教師に興味を持つ大学生のほとんどは「家庭教師は稼げるのか?」ということを疑問に思っているのでは?

結論から言うと、保護者の方に気に入っていただいて授業時間が増えたり、生徒を何人か掛け持つとかなり稼ぐことができます。

私は小学生相手に月に約27時間ほど個人契約の家庭教師をしているのですが、約6万円稼いでいます。

(ちなみに家庭教師歴は約2年)

もし時給1000円のバイトだったら月に2万7千円しか稼げていないと考えると、ものすごく割のいい仕事ですよね。

そこでこの記事では、家庭教師バイトの基本情報(求人の見つけ方、時給の相場 etc.)や、実際どのようにして稼いでいるのかについて体験談をもとにご紹介していきます!

スポンサーリンク

大学生が家庭教師のバイト求人を探す方法

バイト探し

家庭教師の求人は家庭教師の仲介会社を通して生徒を見つけるパターンと、個人契約の2種類があります。

以下にそれぞれの求人を見つける方法をご紹介します。

家庭教師の仲介会社を通す場合

この場合は、まず家庭教師の仲介会社に登録する必要があります。

多くはインターネット上で登録後、家庭教師を希望する生徒一覧を見ることができます。

その生徒一覧を見て、気に入ったものに応募すればOK。

家庭教師の仲介会社によって時給の相場も異なってくるので複数の仲介会社に登録してみるのをおすすめします。

おすすめの仲介会社

t-news】→t-newsは家庭教師の案件自体は少ないですが、時給2300円くらいから3500円くらいの比較的高時給の案件が掲載されています。

また家庭教師のバイトだけでなく、塾講師や採点バイトなど大学生にぴったりのバイトが多数紹介されているので超おすすめです。

実際に私も会員でしょっちゅう見ています笑

仲介会社を通すメリットは、労働条件などを自分で交渉する必要がないこと。

何かトラブルがあった時には安心です。

しかし仲介会社が入るということはマージンを取られるということでもあるため、時給は低めになります(指導歴や学歴があると話は別)。

また、授業後に仲介会社に報告書を提出しなければいけないことがほとんどです。

間に会社が入っているということは安心材料にはなりますが、面倒なことも多いですね。

仲介会社を通すメリット・ご家庭とトラブルになった時に間を取り持ってくれる
・給与の支払いを忘れられることがない
・昇給の基準が明確

仲介会社を通すデメリット・個人契約に比べたら時給が低め
・授業後、仲介会社に報告書を提出しなければならない

個人契約で家庭教師のバイトを探す場合

個人契約の家庭教師バイトをするには、主に以下の3つの方法があります。

・ネット上の個人契約募集の掲示板に登録する

・大学の求人を探す

まず一つ目のネット上の個人契約募集の掲示板に登録する方法について。

ネット上には家庭教師の総合情報のように、個人契約の家庭教師をしたい人が自分の情報(大学名や最寄駅など)を載せられる掲示板が存在します。

個人契約の家庭教師を探している保護者さんがここからあなたに応募してくれれば、晴れて個人契約でカテキョをすることができます。

しかし、かなりの数の大学生や大学院生、プロ家庭教師の人が登録しているので生徒がすぐに見つかる希望は少ないでしょう。

次に2つ目の、大学に来ている求人を探す方法について。

ちなみに私はこの方法で家庭教師をしています。

きっと私の所属している大学だけではないと思うのですが、大学にあるアルバイト募集の掲示板に貼ってある求人から生徒を探すことができます。

そこから大学に申し出ると、保護者の方の連絡先を教えていただけるので自分で連絡を取り、保護者の方に面接を申し込みます。

私の時は他に3人の応募があったそうなのですが、運よく採用されることができました。

こんな風に、個人契約だと直接自分で保護者の方とコンタクトを取らなければならない点が大変です(いろいろと融通は利きやすいため、良い面とも取れる)。

また、大学の求人から探す方法は求人自体が少ない上に人気も高いので職にありつけるかは狭き門でもあります。

ここまで読んでくれた方はもうお判りだと思いますが、個人契約で家庭教師のバイトをするってかなりレア。

ですが中間マージンがいないので、高時給を期待できるのは嬉しいところですよね。

個人契約のメリット・高時給が期待できる
・直接保護者の方とやりとりするので、融通は利きやすい

個人契約のデメリット・求人自体がかなりレア
・保護者の方と直接やりとりするのが苦痛な人にはつらい
・昇給の交渉もしにくい

スポンサーリンク

大学生の家庭教師バイト、時給相場はどのくらい?

給与

家庭教師のバイトの相場は、約1000~3000円と言われています。

なぜここまで幅があるのかというと、教えるお子さんの年齢や教える教科、それに家庭教師側の条件によって時給が大きく変動するからです。

時給に関わってくる条件としては、

<教師側の条件>
・複数教科を教えられるか
・指導歴があるか
・大学のランク
・中学受験、高校受験の有無<生徒側の条件>
・学年
・受験の有無
・受験する場合は受験校の難易度

などが挙げられます。

ちなみに私は中学受験を目指す小学4年生に、国語と算数を教えるという条件で、1週間に1回2時間で時給2250円からスタートしました。

この時給は大学で一律に決められていたので、時給に関係しているのは生徒の学年のみですね。

スポンサーリンク

大学生は家庭教師のバイトで稼げるのか?

稼げるバイト

さてさて、やっと本題にきました。大学生は家庭教師のバイトで稼げるのか??

冒頭でも述べた通り、私は1ヶ月に約6万円を稼いでいます。

しかし、よく考えてみてください。

時給2250円では、1週間に1回2時間の授業をすると考えると、18000円ちょっとにしかなりません(それでも割りは良いですけどね)。

では一体なぜ私は約6万円も稼げているのでしょうか?

答えは、少しずつ授業時間を増やしてもらえたから。

最初は週1で2時間の授業でしたが、保護者の方の信頼を得るにしたがってどんどん授業を増やしてもらえたのです。

1回2時間だった授業が3時間になり、1年半たったくらいからは週2で3時間の授業をするようになりました。

だから私が家庭教師で月に6万円を稼げるようになったのってつい最近の事なんですよね。

それまでは他の教育系のバイトを週1で入れて収入を確保していました。

このように1つのご家庭で長時間の授業をすることができたら、家庭教師は稼げるバイトといえるでしょう。

しかし、ほとんどの家庭教師は週1で1回2時間ほどの授業時間なのが当たり前。

ですから家庭教師で稼ぐには複数のお子さんを掛け持つ方が現実的と言えます。

ところが家庭教師はとても人気のあるアルバイトなので、複数生徒を見つけるのは至難の技。

家庭教師は稼げる可能性を持っているアルバイトであるけれども、稼げる人は一握りと言えるでしょう。

おわりに

家庭教師って確かに時給が高くて割りの良いバイトです。

でも家庭教師のバイトで稼ぐためには授業数を増やしてもらえたり、複数の生徒を見つけることができたりといった運も必要なんです。

ですから家庭教師を始める際は他のバイトと掛け持ちをして、授業数や生徒数が増える見込みがたったらそれらのバイトを辞めるのが一番おすすめですよ。

合わせて読みたい♪

大学生が個人契約の家庭教師をやってみた!良い点悪い点をレポします
個人契約の家庭教師のバイトって、時給が高くてとっても魅力的ですがレアなバイトなためその実態はほとんど知られていませんよね。そこでこの記事では、実際に個人契約で家庭教師をしている筆者がその良い点と悪い点を考察していきます!
初めて家庭教師をする人必見!大学生が親対応する時のコツ4選
家庭教師を始めてする人にとって、「親御さんと良い関係を築けるか」って死活問題ですよね…。そこでこの記事では、家庭教師歴約2年の筆者が親御さんと仲良くなるコツを伝授しちゃいます!!
スポンサーリンク